起業と株式会社の設立NO6~定款の作成①(定款とは)~

定款の作成!

起業を決断し、起業形態は株式会社、設立手続きは発起設立で設立することになりました。
基本デザインが決定し、会社印鑑を発注しました。
NO1起業への情熱と使命はこちら
NO2起業形態の選択はこちら
NO3発起設立と募集設立はこちら
NO4発起設立の流れはこちら
NO5基本デザインの決定、会社印鑑の発注はこちら
ここから、定款の作成を見ていきます。

定款とは!

定款とは、会社の根本原則を定めたものです。
会社を経営するうえでのルールブックとなる大切なものです。
具体的には、基本デザインの内容が中心になります。
NO5基本デザインの決定はこちら
定款の内容としては、
・必ず記載する絶対的記載事項
・記載をしなければ効力が発生しない相対的記載事項
・それ以外で法に反しない範囲で内容を定めた任意的記載事項
があります。

【絶対的記載事項】

・目的
・商号
・本店所在地
・設立に際し出資される財産の価額または最低額
・発起人の氏名または名称および住所
・発行可能株式総数

【相対的記載事項】
・変態設立事項(現物出資、財産引受、発起人の報酬・特別利益、設立費用)
・株式譲渡制限に関する事項
・機関設計に関する事項
・株主総会招集短縮期間
・取締役および監査役の任期伸長
など

【任意的記載事項】
・役員の員数
・事業年度
・役員報酬に関する規定
・配当に関する規定
など

NO7定款の作成②(定款の記載事項)はこちら
作成した定款は、公証人の認証を受ける必要があります。