相続手続きどうすればNO3~相続人を確定する~

相続手続きどうすれば―2.相続人を確定する―

相続手続きどうすればNO1で確認した全体像と流れの2番目、「相続人を確定する」について。
NO1相続手続きの全体像と流れはこちら

だれが相続人!

だれが相続人となるのでしょうか。
これは、遺族の方にとってまず関心のあるところであり、意外と誤解のあるところであります。
相続人となる人は、民法で定められています。
さらに、相続人の相続分も、民法で定められています。
相続人となる人を法定相続人といい、相続分を法定相続分といいます。
法定相続分は、遺産分割をしない場合の相続分であり、遺産分割ができない場合の目安となるものです。
故人に配偶者がいない場合と、配偶者がいる場合に分けて、法定相続人法定相続分を見ていきます。

配偶者がいない場合の法定相続人】

故人に子がいる場合は、
故人に子がいない、親がいる場合は、
故人に子がいない、親がいない場合は、兄弟姉妹
*子、親、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、均等に分けます

【配偶者がいる場合の法定相続人】

配偶者は、いずれのパターンでも必ず法定相続人になります。
故人に子がいる場合は、配偶者1/2子1/2
故人に子がいない、親がいる場合は、配偶者2/3親1/3
故人に子がいない、親がいない場合は、配偶者3/4兄弟姉妹1/4
*子、親、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、均等に分けます

なお、相続放棄をした人は、初めから相続人ではなかったものとされます。

代襲相続とは!

法定相続人となる子や兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子が代わって法定相続人となります。
これを代襲相続といいます。
子の代襲相続は何代でも(孫でも曾孫でも)できます。
兄弟姉妹の代襲相続は一代だけ(甥姪だけ)です。

相続関係の把握!

例えば、故人に子がいる場合、故人の兄弟姉妹に相続権はありません。
ですが、兄弟姉妹の方が、自分たちに相続権があると勘違いして、故人の子に権利を主張するということがあったります。
法律上、相続権がないと説明して理解はいただいても、納得はいかない、という場面は多々あります。
遺族の方は、まず、相続関係を確実に把握することが大切です。
また、自分が亡くなったとき、子だけではなく兄弟姉妹に財産を遺したいとお考えでしたら、
遺言書や生前贈与など生前の準備の検討が必要です。

相続人となる人がだれもいない、というケースもあり得ます。
それはまた別の機会に紹介したいと思いますが、
そういった方もはやり、遺言書や生前贈与など生前の準備の検討が必要です。

相続人を確定する!

どうやって法定相続人を確定するのでしょうか。
それは、戸籍を集めて、戸籍で確定します。
戸籍の集め方は、相続関係によって変わってきます。
ポイントは、他に法定相続人がいないことが確認できるまで戸籍を集める、ということです。
まずは、故人の出生から死亡まで、全ての戸籍を集める必要があります。
子がいるか、あるいは、全ての子を確認するためです。
子や親がいなく、兄弟姉妹が法定相続人となる場合は、両親の出生から死亡までの全ての戸籍を集める必要があります。
全ての兄弟姉妹を確認するためです。
法定相続人のうち、既に亡くなっている子や兄弟姉妹がいる場合は、その出生から死亡までの全ての戸籍を集める必要があります。
全ての代襲相続人を確認するためです。

経験的に稀ではありますが、遺族の方が考えている相続関係と、戸籍で確定した相続関係が違う、ということがあります。
戸籍を集めると、遺族の方にとって、想定外の法定相続人がいることがあるのです。
また、法定相続人同士が疎遠な関係だったりすると、お互いに顔も連絡先を知らないなどなど・・・
色々なケースがあります。

NO4相続財産を確定するはこちら